バイキング形式の食事

2週間の免許合宿中でも、体調や気分によって食べたいものや量は日々変わるものです。そんな時に嬉しいのが、バイキング形式の食事です。例えば、新潟県のとある教習所では、所内の食堂で数種類の焼き立てパンを含む豊富なバイキングメニューを用意しています。米どころということでおいしいお米もありますし、おかずも豊富なバリエーションの中から食事ごとに好きなものを選ぶことができます。体調などに応じて食べる量を調節しやすいのも、バイキングの利点といえるでしょう。

栃木県にあるとある教習所では、日によっては宇都宮餃子がメニューに並びますし、静岡県内のとある教習所では、提携するホテルに常駐するシェフの手作りメニューのバイキングを利用することができます。また、曜日や日付によってケーキやスイーツのバイキングを楽しむことができる教習所も多くあります。

遠くからの教習生を受け入れるということで、ご当地の食材を使ったメニューが用意されることも多くなっています。自家農園を持つ教習所もあり、取れたての新鮮な野菜を提供しています。2週間に及ぶ合宿中の体調管理を考え、ただ豪華なだけではなく、栄養のバランスが考えられているのも免許合宿の食事の特徴といえるでしょう。

免許合宿に参加するほとんど全ての人にとって、車の運転は初めてのこと。緊張する場面も多い合宿の期間を支えてくれる食事は、免許合宿先を選ぶ上で大きな要素となります。みなさんも、おいしい食事を楽しみながら免許合宿で楽しく免許取得に向けてがんばってみませんか?

関連サイト|バイキング形式の食事 – 合宿免許先の食事について

免許合宿のメリット

自宅から教習所に通う場合、毎日の往復に時間がかかる上に、教習のプログラムが必ずしも効率的ではない場合があります。夏休みなどは特に混雑するため、実技教習のキャンセル待ちが必要になることもあります。夏休みで普段より時間があるとはいっても、教習所での待ち時間は嬉しいものではないですよね。

免許合宿では、卒業検定を受けるまでのカリキュラムがあらかじめ組まれています。期間は、普通車AT免許の場合で2週間程度です。実技教習と学科講習を集中して受けることができるため、運転する際の体の動きなども時間を置かずに繰り返すことで覚えやすくなっています。

とはいえ、教習に加えて宿泊も込みとなると料金が高いのでは、と心配になるかもしれません。しかし、免許合宿は教習に加えて宿泊費や食費などが全て入った金額が、最初から明示されています。あらかじめプログラムを組むことができるのは教習所にとってもメリットであり、人員の配置や食材の準備などを効率的に行うことができるため、割安な価格を設定することが可能なのです。自宅から離れたところに宿泊し、2週間にわたって集中して教習を受けるとなると、その間の食事は非常に重要な要素であり、大きな楽しみでもあります。多くの教習所では、毎日同じところで食事をしても飽きないよう、さまざまな工夫をしています。

夏休みと免許合宿

今年も夏がやってきましたが、夏休みのプランはお決まりでしょうか。特に、長い夏休みのある学生さんは何をしようかと楽しみな一方、何となくすぎてしまうのではないかという不安も感じているかもしれません。せっかくの長い休み、勉強も大切だけれど旅行や遊びを楽しみたいと考える人も多いことでしょう。

ところで、車の運転をしたいと考えている人にとっては、夏休みは免許を取得する絶好の機会です。免許の取得には自動車教習所に通うのが一般的ですが、暑い中を通うと思うとなかなか気が進まないですよね。そんな人にお勧めなのが「免許合宿」です。自宅から教習所に通うのではなく、教習所内、または教習所の近くに宿泊して、免許取得のための教習を集中して受けることができるプログラムです。

そもそも、免許合宿の制度は、家の近くに教習所がないために教習を受けることができない人のために考えられたものです。そのため、免許合宿のプランを行っている教習所では、教習所の近辺に住んでいる人の入校を制限することが多くなっています。

近くの教習所には免許合宿に行けないというのは、決してデメリットではありません。逆に考えれば、免許合宿に行くなら自宅から離れたところを選ぶことができるのです。暑いのが苦手なら、涼しい地域の教習所を選ぶこともできますし、海の近いところ、というような選び方も可能です。免許取得に向けて教習を受ける一方で、ちょっとした旅行気分も味わうことができるのが免許合宿なのです。ここでは、免許合宿先の選び方について、食事に注目してご案内します。